賃貸住宅のロフトは寝室や収納スペースとして使えますが、デメリットも考え合わせて選ぶことが大切です。

賃貸物件の効率の良い探し方
What's New
賃貸物件の効率の良い探し方

ロフトつきの賃貸物件

ロフトのある賃貸住宅は、若者からの支持率が高いようです。ロフトがあると狭い部屋でも、実質的に使える面積は広くなります。ですからワンルームなどでは、特にメリットが大きいと言えます。ロフト部分を寝室として使えば、一つの部屋を二部屋として活用できます。また収納家具が少ないとき、ロフトが物置の代わりになります。

ロフトは隠れ家的な空間なので、趣味のスペースにも使えますし、子供の遊び場としても好適です。また他人の目には触れませんから、きれいに片付けておく必要はなく、急な来客時に物を押し込んでおく場所としても使えます。

居住空間として使う場合、ロフトは熱がこもりやすく、夏は非常に熱くなるというデメリットがあります。エアコンで冷えた空気は部屋の下部に移動するため、ロフトまではなかなか涼しくなりません。また掃除しにくく埃が溜まりやすいことや、高さが中途半端で無理な姿勢になりがちな点も問題です。収納スペースとしては、階段があるので荷物の上げ下ろしが面倒なこと、落ちると荷物も人も傷つく危険があること等が、短所として挙げられます。興味本位でロフトつきの賃貸住宅を選ぶ人も多いですが、合う人と合わない人がいるので、長所と短所をよく見極めることが大切です。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017賃貸物件の効率の良い探し方.All rights reserved.