賃貸の部屋で鍵をなくしてしまった時、鍵屋や不動産会社に対応してもらう事と防犯や有事に備え、鍵を交換する。

賃貸物件の効率の良い探し方
What's New
賃貸物件の効率の良い探し方

賃貸の部屋で鍵をなくしてしまったら

出先で鍵をなくしてしまい部屋に帰れなくなった場合、開錠してくれる鍵屋さんに頼むことになるでしょう。賃貸の部屋でも深夜や早朝なら鍵屋に開錠依頼をすれば良いです。もし正午までに気が付いたなら管理をしている不動産会社することも考えます、または貸主や家主が近所に住んでいるならそちらに相談しましょう。どうして鍵屋ではなく家主や不動産会社の方に相談するのか、それは賃貸物件の鍵を不動産会社や家主が管理保管しているからです。管理契約の内容がどうなっているかは別として、家主か不動産会社が必ず予備の鍵を保管しており対応してくれる可能性が高いからです。予備の鍵が部屋の中にあっても管理業者は鍵の交換をします、出先でなくしてしまったら、得体の知れない人の手に渡ってしまい犯罪の可能性を上げてしまうからです。

不動産会社や家主が賃貸物件の鍵を保管していると上記で解説しましたが、あと有事の時など何か起きた時の為でもあります。緊急を要する事態に鍵が変わっており管理業者が開けれないと、例えば中で借りた人が倒れていた時や火事が出てしまった時、被害が大きく広がってしまうのを防げるかもしれません。万が一にも備え、鍵をなくしてしまったらホームセンターなどで勝手に購入して交換せず、不動産会社を通しておかなければなりません。

Copyright (C)2017賃貸物件の効率の良い探し方.All rights reserved.