賃貸を利用する際には色々な費用がかかりますが、その中でも敷金についての内容を記載しています。

賃貸物件の効率の良い探し方
What's New
賃貸物件の効率の良い探し方

賃貸を利用する際にかかる費用の敷金について

賃貸には様々に費用が発生しますが、その中でもよく聞く言葉が礼金や敷金だと思います。この良く聞く礼金や敷金ですが、実際どういった内容の費用なのかは知らないものです。その中でも敷金についてどのような費用なのかを説明しようと思います。まず賃貸には様々な物件があるのと同じで、契約内容も様々異なります。保証人が不要という契約もあれば、保証人が必要な契約物件もあります。それと同じで敷金も費用が発生する物件もあれば、敷金が発生しない物件もありますので、それらは仲介業者をへて物件を賃貸するとおもいますので、しっかり契約内容を確認する必要があります。

この敷金ですが、内容としましては家賃の不払いに対する担保として支払う費用になります。関東の場合ですと費用は大体家賃の0ヶ月から3ヶ月分が相場になります。この敷金ですが、解約するときなど借主が負担するはずの修繕費用などに使用される傾向があります。その為、借りていた部屋の壁紙が煙草のヤニで汚れた場合は、壁紙を交換することになりますが、その費用を敷金からまかなう事になります。その為、部屋を綺麗に使用して解約した場合は、修繕費用があまりかからずあまった敷金は戻ってくる事があります。ただし、関西の場合は敷金の相場は家賃の3か月から6カ月分が相場になり、解約時も敷金は殆ど戻ってこないのが多いようです。

Copyright (C)2017賃貸物件の効率の良い探し方.All rights reserved.