今までの賃貸に比べ、ペット専門管理会社が登場してきた事で管理のハードルは低くなっています。

賃貸物件の効率の良い探し方
What's New
賃貸物件の効率の良い探し方

賃貸にもペットを受け入れる環境が整いつつある

ペットを買って良い賃貸というのは、オーナーにとっては付加価値になります。賃貸物件でもペットを飼いたいという要望はありましたが、動物が同居することへの管理の難しさというのがそれを受け入れ難いものにしていました。しかし、近年ではペットブームの影響もあり、賃貸の管理会社でもペット専用の管理を行う会社も登場しています。こういう管理会社に管理を委託すれば、ペットの管理へのハードルはぐっと低くなります。こういった管理会社は、独自の管理ノウハウを持っています。今までは人間が住むことだけを考えていれば良かった管理会社ですが、今後はペットが住むことも含めて管理出来るノウハウを培っていけるようにするべきなのかもしれません。そうすることで、オーナー、管理会社、入居者共にペットと暮らせるという新たな付加価値を持たせることが出来るからです。

現時点では、ペットと賃貸で暮らすことを希望している人の3割強が単身者だそうです。単身者という事は、昼間は家を開けてペットだけになる可能性が高いです。この場合、オーナーとしては問題ないのかと疑問に思う事が多いようですが、ペット専門の管理会社によるとペットの品種、性格、躾の度合いによっては問題なく受け入れることが可能だそうです。

Copyright (C)2017賃貸物件の効率の良い探し方.All rights reserved.