ペット可物件よりもペット共生型物件の賃貸が支持されやすいのは、入居者同士がお互いに事情を理解しやすいからです。

賃貸物件の効率の良い探し方
What's New
賃貸物件の効率の良い探し方

ペット共生型賃貸が支持される理由

ペット共生型の賃貸は、最初からペットと一緒に暮らすことを前提にしています。ペット可物件は飼っても良いけれども、規定があるのが普通で、中にはかなり厳しい決まりがあることもあります。例えばペット可でも、犬は良いけれども猫はダメ、大型犬はダメ、などの決まりがある事も少なくありません。しかも、入居者の中にはペットを飼っていない人もいたり、動物が苦手な人がいる可能性もあります。そういう人達に対して飼っている人は気が引けてしまう事もあるという事です。一方、ペット共生型の賃貸ではペットを飼っているのが当たり前という雰囲気が入居者同士の中にあります。お互いが事情を理解し合うという感覚が自然に出来上がっているのです。動物を飼っていれば、臭いや鳴き声の問題は尽きないものです。しかし、それもお互い様という感覚で受け入れられれば、住人同士のトラブルも少なくて済みます。

また、貸し出すオーナーにとってもペットを飼育している入居者が入ることを前提としているので、最初からペット用の壁紙やフローリング、防臭設備、などを設置することが出来ます。そうすることで、部屋の管理やメンテナンス面の不安もなくなるというメリットもあるのがペット共生型物件なのです。

Copyright (C)2017賃貸物件の効率の良い探し方.All rights reserved.